初代ランニングウォッチ ForeRunner 405CX

GarminGPS時計を愛用しています。

 スマホのアプリでランニングの記録することができますが、スマホを持っていないため(iPodTouch)、歩数から距離を換算するアプリと走行ルートから距離を測って記録していましたが、これが面倒くさい。本格的に走り出したこともあり、大枚をはたいてGPS時計を買うことに。 

ForRunner 405CX

2011年に購入した初代GPS時計。

友人に聞いたところGarminが有名とのことでForRunnerを購入。

 

折角なので心拍数も測定しようとハートレート付を。国内向けは割高なので並行輸入品を購入。(日本語非対応)

Garmin Forerunner 405CX +心拍数モニター (英語版)【並行輸入品】

Garmin Forerunner 405CX +心拍数モニター (英語版)【並行輸入品】

 

  

自動的にラップ計測、走り終わったとは、GarminのWebに記録をアップロード。走った記録が残る。

GPS時計を使った初ランの記録(↓)

 

 

ベゼルに沿って触れることでメニューが切り替わります。

オートラップ以外にも、ペース、スピード、心拍数表示、バーチャルランナーでペース設定し一定ペースで走る練習ができたりと便利です。走る励みになります。

 

GPSが・・・

ところが、、突然GPS調子が悪くなる。(下図の距離が0KmとなっているところがGPS不良だったアクティビティ)

その後も信号受信できたり、できなかったりを繰り返し、ついに全くGPSが機能しなくなった。。まだ1年も経っていないのに。。。

 

GPSが機能しないと、時刻補正もできない。手動での時刻補正もできなさそう(唯一、工場出荷状態に戻したときに初期設定のために時刻合わせができる)。時間はどんどんずれていくし。。。。。ラップも速度も測定できず、バーチャルランナーも動かない。こうなるとただの超高価なストップウォッチ。。

 

心当たりがあるといえば、1,2回雨の中走って時計が若干濡れたことくらい。Garmin雨に弱いというネットの書き込みもちらほら。友人もGarmin一度GPS調子が悪くなって修理(交換?)してもらったとか。レースなど雨の中走ることもあるのに防水性が悪いとなると困ってしまう。

 

購入は、並行輸入品。また、購入から2週間しか交換に応じないような文言もあり。仮に修理依頼してもGarminへ返送・修理、高額な修理費請求が来そう。あれこれクレームをつけても帰ってくるのが遅くなるだけで、「修理しない」を選択しても金額かかりそう。もともと何かあれば泣き寝入りとなるリスクを承知で購入した経緯もあり、すんなり諦める。結局、この時計でレースを一度も走ることなく終わった。。

 

 

2016 奈良マラソン走ってみた(2)

会場について

奈良マラソンのスタート地点のならでんフィールド(奈良市鴻ノ池陸上競技場)。

前日受付、EXPOともに屋外。天気が悪い日は雨宿りもままならないのでちょっと困りますね。

 

レース会場までのアクセス

 

最寄りの駅から会場まで距離があり(JR奈良駅から徒歩約30分、近鉄奈良駅から約20分程度)、また会場は小高い丘の上なので駅から坂を上ることになるため思ったより時間がかかります。JR奈良駅からは有料のシャトルバスがありますが、混雑するとのことです。

HPにも記載がありますが、近鉄高の原駅からのシャトルバスが便利でした。(しかも無料) 

大阪方面からも、近鉄奈良駅で下車するよりも、大和西大寺駅で京都方面に向かい、高の原駅からシャトルバスが良いのではないでしょうか? 

更衣、事前準備の場所に要注意

武道館で着替えてとなりの体育館で荷物を預けます。武道館、暖房も利いていて快適ですが、ここで注意!!

手荷物を預ける場所体育館が非常に混雑しなかなか預けるところにたどり着けませんでした。

着替えて時間に余裕があったのですこしくつろいでいましたが、次々と人が外にでていくので、少し早いけど荷物預けるか・・・と思い、外に出ようとしましたが、、、、大渋滞で全く外に出られない。手荷物預ける体育館まですごい行列。。

 

体育館の1Fは出口専用で、2Fが入り口ですが、2Fは観客席につながる入り口のため通路が狭く、さらに2Fから1Fに降りる階段も少なく狭い。

そりゃ渋滞するわな。。ここで約15分くらいかかりました。

手荷物預けた後トイレに行くつもりだったので、スタートゲートのクローズ時間に間に合うかどうか、焦りました。

なんとかゲート締め切り前に所定の位置にたどり着きましたがぎりぎりでした。

 

ということで、、、、

手荷物預けは早めに、もしくは着替えや準備は手荷物あずける体育館の中で(通行する人の邪魔とならないところで)。

 

防寒用のカッパいただけます

ゲート入り口で、防寒用の簡易カッパもらえます。

フード付き。数に限りがあるとのことでしたが、ゲートが閉じるぎりぎりでしたが、問題なくゲットできました。

防寒用にポンチョやゴミ袋(簡易防寒)を事前準備しなくてもよいので助かります。

 

レース後の着替え

レース後の着替えは、少し奥まったところにも部屋(武道館)があり、がら空きでした。もちろん暖房も利いているので温かい。気兼ねなく広々使わせてもらいました。

 

帰宅

帰りはシャトルバスなし。近鉄奈良駅まで徒歩。会場から下り基調ではありますが、やはり距離があるのでフル走った後はややキツイ。

 

都市型マラソンとしては、アクセス・会場等若干見劣りするなぁと感じましたが、毎年エントリー早々に定員に達することから、惹きつける何かがあるのかもしれません。また機会があればエントリーしてみようと思います。

 

2016 奈良マラソン走ってみた(1)

都市型マラソンの中でも過酷なコースといわれる奈良マラソン2016年に挑戦。

コース

 

www.nara-marathon.jpならでんフィールド(奈良市鴻ノ池陸上競技場)スタート&ゴール、天理折り返しコース。天理に入る前と折り返(25Km付近)して天理から奈良方面に向かうところに最大の難所の過酷な坂が待ち受けます。

 折り返し以降は、上述の過酷な坂以外にも数か所急な上り坂があり、体力がなくなってきていることもありとても辛いです。とくに35,6Kmあたりのデイリーヤマザキのある坂は距離はないものの急こう配で、走って上ることは至難の業でした。

その後も奈良公園手前、最後の競技場までの上り坂とこれでもか!というくらいのキツイ坂が続きます。

 高低差

 

是非試走を!

可能であれば、事前の試走をお勧めします。

私は天理折り返し17Kmを試走しましたが、坂の位置や勾配の感覚を事前に把握(覚悟?)でき、よかったと思います。コース下見を目的としてペースはゆっくり(無理しすぎない)走ったことで、折り返したらあともう17Km! 試走のときの感覚(ただし最初の激坂をなんとか乗り切れれば)で走り切れる、というイメージづくりができたことがよかったように思います*1

 

 

本番レース

GPS時計をGoogle Earthエスポートした地図*2

 図の中央奥がスタート/ゴール、手前が折り返し地点の天理。

 

10Km付近

奈良公園に入り9~10Km付近で10Kmランナーと合流しますが、10Kmランナーのペースが兎に角遅い。コース幅も狭く非常にストレスでした。コース変えるとか10Kmランナーと分離するとかしてほしいものです。(走路が分かれていたかもしれませんが気が付きませんでした。)

25Km付近まで

Lap16あたりから上りが始まります。Lap17あたりでバナナ、ドリンクなどしっかり補給して本格的な上りに備えました。体力的にも余裕が十分にあったこと、着ぐるみランナーと一緒に走っていて、沿道の笑い(大爆笑)とあたたかな声援(こちらもついつい笑ってしまうくらい)もあり、比較的楽に坂は上れたように思います。

Lap20当たりから下り坂、さらにLap21~22ジェットコースターのような下り坂。転がるように走り、Kmあたり1分近くも早いペースに(これが良くなかった)。

下りきったあとは、若干上って下る、そして25Kmの折り返し。天理教の建物(小学校?)に入ったあたりで「お汁粉」補給(小休憩)。

折り返し、そして激坂へ

このころから体力消耗を自覚。試走のときにすでに激坂の感覚は出来上がっていたので、その後待ち受ける最初の急こう配(Lap29あたり)は歩くくらいのスピードで無理せず、若干勾配がゆるくなってきたら少しペースを上げて走る。そうこうしているうちに30Kmを過ぎ、残り12Km。いつも練習している距離を残すのみ、と、脳をだましながら(とはいえ、体力なくなってきているので非常に辛かったですが・・・)。あまりに辛くて素麺食べる気力がありませんでした。

 その後も上り坂は続く

その後下りは極端にスピードを落としすぎないように(膝に負担をかけないように)若干ペースアップ、上りは思い切ってペースダウンを繰り返す走り。35,6Km地点の通称(?)デイリーヤマザキ坂は辛さのあまり目をつぶって腕必死で降って(肩甲骨を意識して)早歩き。

 奈良公園の手前の坂、そこを過ぎると下り基調、最後に競技場までの上り坂。これを上り切るとようやく競技場、半周してゴール!!!

 

ペース

 

前半は思いのほか調子がよく坂道(15~20Km)もそれほどペース落ちませんでした(着ぐるみランナーのお陰か?)。25Kmまではジェットコースタのような坂を転げ落ちるように走ったためかなりのペースアップ。

その後は、お汁粉休憩と激坂上り体力の消耗もあってペースダウン。体力消耗の割に大崩れしなかったのは幸い。

 

次は、奈良マラソンレース会場までのアクセス、当日レース前までの様子を。

 

 

 

 

*1:ただし、本番コースの一部私有地となるため、試走できません。。

*2:GPS精度、自身の走行軌跡の関係で図のLap表示と実際の距離に誤差があります。

Wings for Life World Run に参加してきた(2)

キャッチャカーに捕まらないよう逃げる。

言い方をかえると、捕まるまで走り続ける。ということ。

オーバペースだったら途中でバテてしまう。ゆっくり走ると、よし!これからペースアップして走ろう!と、思ったときには、キャッチャカーがすぐそこに。ということも考えられる。楽しみかたは色々ですが、できるだけ逃げ続けたい人は、やはりペース配分を計画しておいたほうがよいと思います。

 

ペース配分

キャッチャカーは、スタートから30分後に走り始めます。15Km/hでスタートして、1時間毎に1Km/hペースアップ。35Km/hまでスピートが上がるそうです。

 

逃げ切る距離を入力すると平均ペース(1Kmあたりのラップタイム)が、ペースを入力すると捕まる距離が表示されるページがあります。これで当日のペース、目標逃げ切り距離を決めることができます。

 

幻想的

夜走ることになるので、全員がヘッドライトを装着、反射板・タスキもつけて走ります。

f:id:Kaz-Xeon:20160508195837j:plain

 

会場は田んぼが一面にひろがる田舎道。カエルの大合唱とヘッドライトが連なる景色は幻想的でした。


World Wing for Life 2016 In Takashima

 

 キャッチャーカーに追いつかれた後は・・

キャッチャーカーに追いつかれたらその場でレースは終了。その後は近くのランナー回収バス(?)に乗って会場に戻ります。

近くといっても、回収バスは5Km毎に止まっているようで、最寄りの回収バスポイントまで歩くことになるようです(最悪2Km以上歩くことになるようです)。私は幸い、1Km弱の歩いたところでバスに乗れました。*1

 

よかったこと、今後の改善に期待したいこと

夜遅い時間にもかかわらず町の人の応援が暖かかったこと。

追いかけられるスリル(最高!)。

ヘッドライトの光の波がきれい。

ヘッドライトの波、カエルの大合唱、町の人の応援でハイテンション!!

深夜ランニングセットがもらえる(LEDヘッドライト、反射板(手に巻くタイプと衣服に貼るタイプ))

エイドステーションに栄養ゼリー(21Kmのみ。捕まった後(27Km以降)のエイドステーションどうだったか当然知るよしもなし。。)

 知名度がそれほど高くないのか、開催数日前までエントリー可能。

 

帰りの電車がない、京都または名古屋行きのツアーあるが高い(らしい・・)

参加案内がレース直前まで届かない。(不安になった)

駐車場からシャトルバス乗り場への動線が確保されていない。(どこ行けばいいの?って感じ)

まもなく案内送付するという連絡があったが、その後音沙汰なし。一週間前になっても案内状(メイル)が届かなかった。手違いがあったのではないかと焦った。

 

 

来年も参加予定!

 

*1:30Km以上逃げきれる方は、キャッチャカーの後方に回収バスが走っているとのこと。

Wings for Life World Run に参加してきた(1)

リアル鬼ごっこ

Wings for life World Runというちょっと変わったランニングイベントに参加してきました。

ランナーがスタートしてから30分後にキャッチャーカ―(車)がランナーを追いかけてくる。キャッチャカーに追いつかれたらランニング終了!!どこまで逃げきれるか?というもの。

最長距離は100Kmですが、逃げ切るためには5時間半くらい(?)で走り切る必要がありますが、速い人でもウルトラマラソン(100Km)6時間ちょっと(ここ)なので、逃げきれる人はいなさそうです。

また、この大会、世界33ヵ国35会場で開催されて、世界同時スタート。日本のスタート時間は午後8時、ナイトランです。

 

www.redbull.com

 コース

滋賀県高島市で開催されています。

コースは下図の通りです。

f:id:Kaz-Xeon:20160516233607j:plain

 

 気温

春先ですが夜は少し肌寒い。半袖シャツにアームウォーマつけましたが、スタート待ち時間は少し寒かったです。走っている間、吐く息がすこし白かったように思います。キャッチャカーに捕まった後は、ピックアップバスにのってスタート会場まで戻りますが、バスから降りた後はとても寒かったです。

 

開催地へのアクセス

行きは良いよい、帰りは怖い・・・。田舎なので移動手段(とくに帰り)は計画的に。

f:id:Kaz-Xeon:20160508174957j:plain

 

電車でのアクセスの場合は、JR湖西線 近江今津駅。そこからシャトルバスがでています(無料)。

が、、帰りが・・。

22:30分頃現地(スタート会場)発のシャトルバスに乗らないと電車に間に合わないようです。)。2時間以上(だいたい、20Km以上)走り続ける人は終電に間に合いません。別の手段(車、宿泊、ツアー、だれか車の人に乗せてもらう)を考えておく必要があります。

車でアクセスの場合は、近江今津駅の近くの駐車場。ここが一杯になると函館山スキー場の駐車場。いずれもシャトルバスで会場に行きます。

あと、旅行会社のツアーで行く方法もあるようです。(高い!)


 近隣の宿泊施設は、少ないようです。

次回はレースの様子を。

 

Wings fo life 財団

Wings for lifeという脊髄損傷の治療を研究に対して資金援助しているNPO(Wings for life財団)主催のイベントで、売上は研究に寄付されるそうです。

資金集めの方法がユニークですね。

 

機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096

先日、テレビ番組を何気なく検索していたら、機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 が放映されていることに気がついた。すでに第6話。

 

機動戦士ガンダムユニコーン OVA版をTV版に再編したものらしい。観てみよう。

字幕放送がまたうれしい。

 

www.gundam-unicorn.net

 


機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096

 

 ファーストガンダム

BSでは、ファーストガンダムも放映中。

両方同時にみながら宇宙世紀大河ドラマを楽しむ。

www.gundam.info

 

 

京都鉄道博物館にいってみた

2016/5/4に京都鉄道博物館に行ってみました。

 

www.kyotorailwaymuseum.jp

 

当日の混み具合

2016/4/29にオープンしたばかりでなおかつゴールデンウィーク。激混み必至の覚悟。

オープン初日は14,000人が来場とのことですが、この日(5/4)の会場内は移動にストレスがかかるとか身動きがとれない、ということは全くありませんでした。とはいえ、運転シミュレータやら体験ものは長蛇の列。時間がかかります。

ミュージアムショップは、なんと入場規制で60分待ちでした。遠方から来られている方が多いのでしょうね。

 

楽しめます

鉄道大好きな人にはたまらないところでしょう。子供連れで行っても十分楽しめるところだと思いました。コストパフォーマンスもまずまずと思います。空いている時期を狙ってまた行きたいと思います。

 

朝早く行くのが吉

当日は13:00に入館しましたが、そこそこの混み具合。時間が経つにつれ人が多くなってきたように思います。オープン初日か2日目に行った人の話では朝はやくはそれほど人は多くなかったとのこと。いろいろと体験コーナを楽しみたい場合は待ち時間を考えると、やはり朝オープンに合わせて行くのがよいようです。

 

前売り券購入が吉

前売り券を買っておくと入場がスムーズです。当日も入場券購入のため長い行列ができていました。(入場料金は変わりません。)

購入は、セブン-イレブン*1JR西日本みどりの窓口で購入できます。

f:id:Kaz-Xeon:20160505021657j:plain

セブン-イレブンの場合は、日時指定になります。11:00, 13:00。(GW期間中は9:00の指定あり)。入場の1時間前まで購入が可能なようです。

www.sej.co.jp

 

昼食は持参が吉(と、思う)

レストランありますが、お昼時は混むので、弁当持参で(もしくはコンビニで買って)休憩所で食べる方法もあります(食べ物の持ち込みが可能です)。

2Fの休憩所以外にも3Fのホールが休憩所として開放されていました(GWのみ?)。ここは比較的空いていたように思います。

あとは、プロムナードに展示されている列車内で弁当が販売されており、そこで食事する方法もあります。

 

コンビニ

博物館の近くにはなかったような・・・。

京都駅から徒歩で向かう方は、道中にセブン-イレブンがあります。

f:id:Kaz-Xeon:20160505023916j:plain

アクセス:京都鉄道博物館

 

博物館だけではものたりない時は・・

京都水族館もすぐちかく

京都鉄道博物館の近くに京都水族館もあります。

イルカショーに興味が有る方はショーの時間のチェックも忘れずに。

www.kyoto-aquarium.com

 

梅小路公園

京都水族館は時間的にちょっと・・。という方にはこちらを。だだっ広い公園です。

www.kyoto-ga.jp

 

f:id:Kaz-Xeon:20140923120221j:plain

今日水族館のイルカショーのプール(の観客席)が見えます。運が良ければイルカジャンプがちらっと見えます。また、鉄道博物館で乗ることができるSL機関車もこの脇を通ります。

 敷物があるといいですね。

 

ゆざくゆめ公園

遊具があります。小さな子供がいる方にはオススメです。

 

ということで、この界隈で充実した1日を過ごすことができますよ。

 

*1:マルチコピー機設置店舗のみ