Wings for Life World Run に参加してきた(2)

キャッチャカーに捕まらないよう逃げる。

言い方をかえると、捕まるまで走り続ける。ということ。

オーバペースだったら途中でバテてしまう。ゆっくり走ると、よし!これからペースアップして走ろう!と、思ったときには、キャッチャカーがすぐそこに。ということも考えられる。楽しみかたは色々ですが、できるだけ逃げ続けたい人は、やはりペース配分を計画しておいたほうがよいと思います。

 

ペース配分

キャッチャカーは、スタートから30分後に走り始めます。15Km/hでスタートして、1時間毎に1Km/hペースアップ。35Km/hまでスピートが上がるそうです。

 

逃げ切る距離を入力すると平均ペース(1Kmあたりのラップタイム)が、ペースを入力すると捕まる距離が表示されるページがあります。これで当日のペース、目標逃げ切り距離を決めることができます。

 

幻想的

夜走ることになるので、全員がヘッドライトを装着、反射板・タスキもつけて走ります。

f:id:Kaz-Xeon:20160508195837j:plain

 

会場は田んぼが一面にひろがる田舎道。カエルの大合唱とヘッドライトが連なる景色は幻想的でした。


World Wing for Life 2016 In Takashima

 

 キャッチャーカーに追いつかれた後は・・

キャッチャーカーに追いつかれたらその場でレースは終了。その後は近くのランナー回収バス(?)に乗って会場に戻ります。

近くといっても、回収バスは5Km毎に止まっているようで、最寄りの回収バスポイントまで歩くことになるようです(最悪2Km以上歩くことになるようです)。私は幸い、1Km弱の歩いたところでバスに乗れました。*1

 

よかったこと、今後の改善に期待したいこと

夜遅い時間にもかかわらず町の人の応援が暖かかったこと。

追いかけられるスリル(最高!)。

ヘッドライトの光の波がきれい。

ヘッドライトの波、カエルの大合唱、町の人の応援でハイテンション!!

深夜ランニングセットがもらえる(LEDヘッドライト、反射板(手に巻くタイプと衣服に貼るタイプ))

エイドステーションに栄養ゼリー(21Kmのみ。捕まった後(27Km以降)のエイドステーションどうだったか当然知るよしもなし。。)

 知名度がそれほど高くないのか、開催数日前までエントリー可能。

 

帰りの電車がない、京都または名古屋行きのツアーあるが高い(らしい・・)

参加案内がレース直前まで届かない。(不安になった)

駐車場からシャトルバス乗り場への動線が確保されていない。(どこ行けばいいの?って感じ)

まもなく案内送付するという連絡があったが、その後音沙汰なし。一週間前になっても案内状(メイル)が届かなかった。手違いがあったのではないかと焦った。

 

 

来年も参加予定!

 

*1:30Km以上逃げきれる方は、キャッチャカーの後方に回収バスが走っているとのこと。

Wings for Life World Run に参加してきた(1)

リアル鬼ごっこ

Wings for life World Runというちょっと変わったランニングイベントに参加してきました。

ランナーがスタートしてから30分後にキャッチャーカ―(車)がランナーを追いかけてくる。キャッチャカーに追いつかれたらランニング終了!!どこまで逃げきれるか?というもの。

最長距離は100Kmですが、逃げ切るためには5時間半くらい(?)で走り切る必要がありますが、速い人でもウルトラマラソン(100Km)6時間ちょっと(ここ)なので、逃げきれる人はいなさそうです。

また、この大会、世界33ヵ国35会場で開催されて、世界同時スタート。日本のスタート時間は午後8時、ナイトランです。

 

www.redbull.com

 コース

滋賀県高島市で開催されています。

コースは下図の通りです。

f:id:Kaz-Xeon:20160516233607j:plain

 

 気温

春先ですが夜は少し肌寒い。半袖シャツにアームウォーマつけましたが、スタート待ち時間は少し寒かったです。走っている間、吐く息がすこし白かったように思います。キャッチャカーに捕まった後は、ピックアップバスにのってスタート会場まで戻りますが、バスから降りた後はとても寒かったです。

 

開催地へのアクセス

行きは良いよい、帰りは怖い・・・。田舎なので移動手段(とくに帰り)は計画的に。

f:id:Kaz-Xeon:20160508174957j:plain

 

電車でのアクセスの場合は、JR湖西線 近江今津駅。そこからシャトルバスがでています(無料)。

が、、帰りが・・。

22:30分頃現地(スタート会場)発のシャトルバスに乗らないと電車に間に合わないようです。)。2時間以上(だいたい、20Km以上)走り続ける人は終電に間に合いません。別の手段(車、宿泊、ツアー、だれか車の人に乗せてもらう)を考えておく必要があります。

車でアクセスの場合は、近江今津駅の近くの駐車場。ここが一杯になると函館山スキー場の駐車場。いずれもシャトルバスで会場に行きます。

あと、旅行会社のツアーで行く方法もあるようです。(高い!)


 近隣の宿泊施設は、少ないようです。

次回はレースの様子を。

 

Wings fo life 財団

Wings for lifeという脊髄損傷の治療を研究に対して資金援助しているNPO(Wings for life財団)主催のイベントで、売上は研究に寄付されるそうです。

資金集めの方法がユニークですね。

 

機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096

先日、テレビ番組を何気なく検索していたら、機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 が放映されていることに気がついた。すでに第6話。

 

機動戦士ガンダムユニコーン OVA版をTV版に再編したものらしい。観てみよう。

字幕放送がまたうれしい。

 

www.gundam-unicorn.net

 


機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096

 

 ファーストガンダム

BSでは、ファーストガンダムも放映中。

両方同時にみながら宇宙世紀大河ドラマを楽しむ。

www.gundam.info

 

 

京都鉄道博物館にいってみた

2016/5/4に京都鉄道博物館に行ってみました。

 

www.kyotorailwaymuseum.jp

 

当日の混み具合

2016/4/29にオープンしたばかりでなおかつゴールデンウィーク。激混み必至の覚悟。

オープン初日は14,000人が来場とのことですが、この日(5/4)の会場内は移動にストレスがかかるとか身動きがとれない、ということは全くありませんでした。とはいえ、運転シミュレータやら体験ものは長蛇の列。時間がかかります。

ミュージアムショップは、なんと入場規制で60分待ちでした。遠方から来られている方が多いのでしょうね。

 

楽しめます

鉄道大好きな人にはたまらないところでしょう。子供連れで行っても十分楽しめるところだと思いました。コストパフォーマンスもまずまずと思います。空いている時期を狙ってまた行きたいと思います。

 

朝早く行くのが吉

当日は13:00に入館しましたが、そこそこの混み具合。時間が経つにつれ人が多くなってきたように思います。オープン初日か2日目に行った人の話では朝はやくはそれほど人は多くなかったとのこと。いろいろと体験コーナを楽しみたい場合は待ち時間を考えると、やはり朝オープンに合わせて行くのがよいようです。

 

前売り券購入が吉

前売り券を買っておくと入場がスムーズです。当日も入場券購入のため長い行列ができていました。(入場料金は変わりません。)

購入は、セブン-イレブン*1JR西日本みどりの窓口で購入できます。

f:id:Kaz-Xeon:20160505021657j:plain

セブン-イレブンの場合は、日時指定になります。11:00, 13:00。(GW期間中は9:00の指定あり)。入場の1時間前まで購入が可能なようです。

www.sej.co.jp

 

昼食は持参が吉(と、思う)

レストランありますが、お昼時は混むので、弁当持参で(もしくはコンビニで買って)休憩所で食べる方法もあります(食べ物の持ち込みが可能です)。

2Fの休憩所以外にも3Fのホールが休憩所として開放されていました(GWのみ?)。ここは比較的空いていたように思います。

あとは、プロムナードに展示されている列車内で弁当が販売されており、そこで食事する方法もあります。

 

コンビニ

博物館の近くにはなかったような・・・。

京都駅から徒歩で向かう方は、道中にセブン-イレブンがあります。

f:id:Kaz-Xeon:20160505023916j:plain

アクセス:京都鉄道博物館

 

博物館だけではものたりない時は・・

京都水族館もすぐちかく

京都鉄道博物館の近くに京都水族館もあります。

イルカショーに興味が有る方はショーの時間のチェックも忘れずに。

www.kyoto-aquarium.com

 

梅小路公園

京都水族館は時間的にちょっと・・。という方にはこちらを。だだっ広い公園です。

www.kyoto-ga.jp

 

f:id:Kaz-Xeon:20140923120221j:plain

今日水族館のイルカショーのプール(の観客席)が見えます。運が良ければイルカジャンプがちらっと見えます。また、鉄道博物館で乗ることができるSL機関車もこの脇を通ります。

 敷物があるといいですね。

 

ゆざくゆめ公園

遊具があります。小さな子供がいる方にはオススメです。

 

ということで、この界隈で充実した1日を過ごすことができますよ。

 

*1:マルチコピー機設置店舗のみ

スマホ欲しいというのでいろいろ調べてみた

スマホが欲しい。」

以前から何度か聞いていたが、こちらの反応も悪かったので、いよいよ懇願。

理由を聞くと、友達との連絡手段がLINEで今の環境では困るとこのと。自身の端末はiPod Touch。自宅のWiFi環境でなければ使えない、つまり外出先では使えない。

さらに、WiFiは深夜は自動的に切れるので、友達から返信待のとき無線が切れると困る。さらに自宅の無線ブロードバンドルータの調子が悪く(おそらく他の無線との干渉が原因か)、日中でも繋がらなくなることしばしば。ルータの電源入切りしないと復旧しない。そんな環境に我慢できなくなったようです。

 

スマホが欲しい!!!

LINEでの連絡がつけられない理由・自身のネットワーク環境すら友達には恥ずかしくて言えないと・・。

しかし、、スマホは維持費が高い。一旦この便利さを覚えると元には戻られない。更に本人以外もスマホが必要となるのは目に見えている。他の人はどうしているのだろうか。

チャリ銭ビジネスが数多く、ジャブ効いてくるのよね。コミュニケーションを餌にしたビジネスは本当嫌らい。この持ってて当たり前の空気、腹立たしい。

とはいえ、抗うすべもなく真剣に何か考えないとならない状況になり、全く興味も関心も持たないようにしていた事に真剣に向き合うことにしました。

 

本人の用途・目的を色々と聞いた結果、

フリーSIM(データ通信のみ)+モバイルルータ

という選択肢が一番リーズナブルではないかと。

 

行き着いた先はこれ。

 モバイルルータ+フリーSIM+iPod Touch

 

フリーSIM

フリーSIMは、DMMモバイルにしました。

mvno.dmm.com

 

一番安い「ライト」プラン。

これは通信速度が200Kbpsと遅いですが、パケット量の制約がありません。本人曰く用途はLINEとのことで、動画を観たり通信スピードが要求されるアプリは使わないとのこと。まぁまずはこの帯域で申し込んで見ることに。

その1つ上の1GBにしても480円と割安。1GBを超えると通信速度が抑制されるだけで追加費用は不要なところもいいですね。

 

ただし、、回線追加(SIM追加購入)の場合は、「シェアコース」となっちゃいます。

データ通信のみでも、一番安いプランが8GBで@1,980円と一気に割高になります。最大で3人までで8GBをシェアするプランです。3人のうちヘビーユーザがいると・・・。何か家族で揉め事が起きそうです。

ライトユーザなら、契約者を分けて契約するなど工夫が必要そうです。

 

モバイルルータ

モバイルルータは、人気のNEC Aterm。デュアルSIMタイプで用途に応じてSIMを選択できるようです。(今のところ用途はないですが・・)

 時々、Amazonのタイムセールで安く売っている時があります。1万5千円~1万9千円くらい。待てるかたはタイムセールをチェックしてみてはどうでしょうか*1

※我が家は、1万9千円で購入。

 

ということで、初期費用1万9千円+3千円(SIM初期費用)+@440円/月で擬似スマホ環境ゲット。しっかり家族で決めた運用ルールのもと有効に活用してもらうことを願ってます。

 

 

先日、大型家電量販店覗いてみましたが、フリーSIMタイプのスマホ沢山展示してありましたね。MVNOの躍進著しい。やはり需要があるんですね。

家族全員がこういう環境が必要となるのは時間の問題。当たり前になるのが恐ろしい。

というか、安くする方法があることを知ってしまった自分が一番危険かも。

 

*1:2016/5/3タイムセールで14,900円で売出中!!

第18回長野マラソン 2016(コース・レース編)(2)

第18回長野マラソン(コース・レース編)(1) - Kaz-Xeonのブログ

続き

 

コース

 

www.google.com

 

下は、GPS付き時計の記録をGoogle Eearthにエクスポートしたコースマップ

周りの景色やコースを振り返ることができるので便利ですね。

 

起伏

ほぼフラットとのことでしたが、そこはそれぞれの人の主観に依存するところ。

要所要所で上り・下りはあるので辛いところは何箇所かありました。前半のアップダウンは元気いっぱいなのであまり苦になりませんが、ハーフすぎからの堤防上り下り、道路の高架・橋前後の坂などちょっとしたアップダウンは、ジャブのように効きまました。ただ、総じて言うと、歩かざるを得ないような山場となるようなキツイ上り坂はなかったので走りやすいコースと思います。

 

スタートからゴールまで

善光寺

スタートしてから6Kmくらいで善光寺の下りの参道に入ります。ここが一番応援が多く賑やかでした。下り坂(約1Km)も相まって知らぬまに結構なオーバペースとなります。意識しておきたいです。

 

15Kmあたりからエムウェーブまで。

身体も走りになれ落ち着いて来る距離です。同時にランナーズハイ状態になりやすい距離、早いランナーとすれ違うところ、沿道の応援も賑やかになります。煽られることなくペースキープ。

エムウェーブを周回するコースは、ちょっとしたアップダウンがあるのと、コースが狭くなる箇所があり、ペースを乱されそうですが、姿勢を崩されないように(ムダな体力を使わないよう)気を付けたいところです。

 

五輪有料道路入り口

19~20Km手前当たり、五輪有料道路。高架で上り坂でした。料金所を過ぎると川を渡るのですが、風が強くなり前のめり。橋を降りる下り坂あたりから雨が厳しくなり、防寒用のビニール袋を被って走りました(雨で濡れた身体が風にさらされ体温が下がることを懸念)。天気がよければ下り坂と道が開けた直線となるのでペースが上がってしまいそうな箇所でした。まだ先は長いのでここでもオーバペースに気をつけたいところです。3Kmほど走ると折り返し。

雨にもかかわらず、温かい声援に感動!!

ホワイトリング(25Km)を過ぎると、いよいよ堤防沿いを走るコース。風との闘いです。

 

国道403号線(30~31Km)

マイルストン(1本目終了ポイント)ときめていた31Kmまでの2Kmは、長野IC近くの高速道路に沿って走る国道。ここに2箇所のアップダウンがあります。この距離でこのアップダウンは結構キツイ。歩幅を狭く、肩甲骨・骨盤の連動で足の力をうまく地面に伝えながら上ることを意識しました。雨と風は相変わらず。

 

32Km以降(2本目の新たなスタート!)

さぁ、2本目。

が、ペースアップを図るも思い通りに身体が動かない。雨・風で体力を消耗した模様。ペースを若干落としても最悪のデッドラインは超えることがないことがわかったので、楽に走ることができるペースまで落とすことにしました。踏ん張りどころ。

32.5Kmあたりでは、テーマソングを歌うthe Canadian Clubの生演奏による応援、その先でQちゃんのハイタッチが待ってました。

更にさらに、35Km手前で雨がピタリと止み、雲がなくなり、青空!風はまだあるもののコンディションが良くなって来ました。

 

32~39Kmは、単調な堤防沿いを黙々と走ることになるので距離が長く感じました。景色を楽しんだり、周り走っている人でペースメーカになってくれそうな人の後ろを走ったり、ポツポツとですが応援していただいている人の声援に応えたり。脳みその騙し合い。

 

30Kmすぎからの走り方で気づいたこと

どうしても体力的にキツイ距離。30Km過ぎからの走り方で試したことと気付き。

  • 無理して走り続けるよりも思いきってペースを落として、ランニングフォームを整えることを意識する。→体力の極端な消耗避けることができる(と、思う)
  • そのうちペースアップする気力・体力が戻ってくる(気がした)。
    そこを狙って少しペースアップ(2Kmくらいはペースアップできた))
  • 給水所では思い切ってペースを落とし(もしくは少し立ち止まって)給水、必要に応じて食べ物を口にする。
  • そして走りだしはゆっくりと。
    急にペースを戻すような走りはしないほうがよいです。1,2分くらいは走る姿勢を意識しつつゆっくりと、その後少しずつペースを戻す。

それまでのレースでは、いつも給水の後から辛さが増しうまく走れないことが多かったため、意外とこの方法は効果的でした(新たな発見)。30Km~40Kmは変に頑張り過ぎず、身体を宥めつつ走る、というのがいいのかな?

 

 ラスト2Km

 ゴール目前。ラスト2Kmは直線道路。一段と多い声援と、ハイタッチで元気をもらいながら走る。ゴールしたときの言葉にできないくらいの達成感とその後のビール、至福の時を想像しながら。

そしてゴールの球場へ、人工芝の感触(反発力が得られないので意外に走りにくかったです)を感じながらゴール!!

 

結果

目標にも程遠く、ベストタイムにも届きませんでしたが、この風と雨を考えるとまずまずの結果と思います。

下は、今回のレースの5Kmのスプリットタイムの変遷。(縦軸:1メモリ30秒。上方向タイムDown)

 5-10Kmのスプリットが上がっているのは善光寺の参道の下り坂の影響と思います。これを無視すると、いいペースが維持できたように思います。

特に、25~30Kmでガタンとペース落ちていますが、その後は急激な落ち込みもなく走り切ることができたことが、新たな収穫だったと思います(これまではほとんどが前半突っ込んで、後半失速。スプリットタイムも4,5分くらいあったように思います)。

 

30Km以降の1Kmのラップタイムの出入りが激しい(下図)ので、次はなるべくフラットになるようにしたいと思います*1

(1メモリ、約15秒)

 

 

LSD、ロングランを増やして持久力のアップ

これまでの練習は大会2ヶ月くらい前から、1Wもしくは2Wに一回LSD・ロングランをしていましたが、この頻度を上げてみようと思います。

持久力を上げることでもう少しKm当たりのラップタイムを上げることができるように感じました。

タイムが行き詰まって、どんな練習をすればよいか迷ってましたが、何をすればよいか見えた気がします。

 

*1:ペース落として回復待、回復してペースアップの繰り返しでしたが、回復後のペースアップをもう少しゆるやかにすることで、極端なペースダウンをも少し抑えることができたいのではないかと考えます。

第18回長野マラソン 2016(コース・レース編)(1)

第18回長野マラソン(アクセス・宿泊編) - Kaz-Xeonのブログ

続き。

 

レース当日の天気予報は荒天・・・

いつもレース当日の天気は気になるもの。一週間前くらいから、当日の天気予報をチェック。今回は雨模様。しかも狙ったかのようにレース前に振り出して、ゴール後は晴れの予報。

前日の受付会場でゲストの浅井さんのレースポイント解説で、「明日は風が強いようなので・・・」。雨に加えて強風!

これまで雨の中走ったことはなかったが、ついにこの日が来たか。苦行のレースを覚悟。

 

レース当日のコンディション

幸いスタート時点では曇の中のスタート。風は予報通り強い。

20Km過ぎから32~33Km付近まで雨も加わる。小降りの雨で水たまりもそれほどなかったのはせめてもの救い。33Km過ぎからは天気一転、快晴。

風はレース中ずっと吹き荒れていて大変でした(時折、身体が流されるくらい強い風)。近くに走っている人を風よけにしようとしましたが、それを上回る風と、風向きも変わるのでほとんど効果ありませんでした。

 

気温については、今回は暑くも寒くもなく丁度よし(3年前は雪が降ったようですね)。

ウェアは、半袖シャツにランニングアーム。(長袖だと雨で濡れてまとわりつくのを避けるため)、ランニングパンツにふくらはぎ用コンプレッションタイツ。レース前の防寒着も特に必要ありませんでした。

 

ペースについて

走った後の振り返りとしてこんなふうに走ってみてはどうかと思う点を個人的主観で書き綴ってみます。ペース配分やがんばりどころなど。

 

全体

2つのマイルストンに分けてペース配分考えてはどうかと思いました。

マイルストンは32Km(ちょうど、堤防に出る辺り)。ここから2本目のスタートというつもりで、そこまでは体力をなんとか残す、という気持ちで走る。一般的に言われるように前半はグッ、グッと前に行きたい気持ちをおさえて、2本目に備える。

1本目の前半(15Kmあたりまで)はあまりラップタイムを気にせず、オーバペースになっていないことだけ気にしながら走る。その後は、ハーフ時点で残り体力半分以上残すことができるペースで走るといいと思います。

 

2本目は、普段の練習しているコース・距離感と重ねあわせることで、あっという間に終わるという感覚に変える(脳をだます)。

2本目の前半5Kmには、高橋Qちゃんや、テーマソングを歌うthe Canadian Clubの生演奏・応援、ハイタッチがあるので、そこでエネルギー充電。

橋をわたって対岸堤防からは、左手にみえるゴール地点や、春の山々など、景色を楽しみながら走ります。補給ポイントも多かったように思います。適度に水分補給。

辛くなってきたら少しペースを落として姿勢(頭のてっぺん引っ張られる感覚、肩甲骨と丹田を意識)を正して極端な体力消耗を防ぐ。

最後の2Kmは、一直線の道路。沿道の応援も多いです。ハイタッチなど沿道の人からパワーもらいながら走ります。

そしてゴール!

 

 コースの詳細はまた今度。