読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindle(キンドル)日本でも発売

ついにKindleが日本を含む世界100カ国以上に上陸 - 家電・モバイル - 日経テクノロジーオンライン


 米Amazon.com,Incは,日本を含む世界100カ国以上で電子書籍端末「Kindle 2」を発売する。2009年10月7日に予約販売を始め,同年10月19日から発送を開始する。価格は279米ドル。これまでKindleシリーズは,米国のみでの販売だった。

(略)

 ダウンロードできるコンテンツは,当面,これまで米国でダウンロードが可能だったコンテンツと同じになるようだ。つまり,英語の電子書籍コンテンツを米国以外で読みたいユーザーを対象とする。

(略)

 今後,日本語など各国の言語に対応したコンテンツを用意する可能性については「未定」(アマゾン ジャパン広報部)とした。ただし,今回の取り組みによって米国以外でも端末が普及する状況が生まれれば,各国の出版社/新聞社などのコンテンツ・プロバイダーが Kindleにコンテンツを提供したいという向きも出てくることが予想される。日本語の電子書籍コンテンツがKindleで読めるようになる状況が生まれる可能性は十分にありそうだ。


〜 Tech-On! 〜

 世界各国向けに販売されるKindleの本体サイズは、縦8インチ(約203mm)×横5.3インチ(約135mm)×厚さ0.36インチ(約 9.1mm)。重さは10.2オンス(約289g)。ディスプレイサイズは6インチ。メモリ容量は2GBで、1500冊分の書籍が保存可能。


 「Kindleストア」では現在、20万冊以上の英語書籍を販売している。また、85以上の米国および世界の主要な新聞や雑誌を1紙/誌から購入できるほか、定期購読も可能。Amazon.com創業者兼CEOのJeff Bezos氏は、「英語書籍を購入する顧客は全世界に何百万人もおり、Kindleを利用すれば、この本と思ったらワイヤレスで60秒以内にダウンロードできる」とコメントしている。


Amazon、電子ブックリーダー「Kindle」を日本を含む各国で発売 -BB Watch


日本国内メーカとしては以前、「シグマブック」、「リプリエ」、「ソニー・リーダ」とあったがいまひとつ売れず。
果たして、Amazonの戦略やいかに。
購入はこちらから。