読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶滅危惧種?

ゲンゴロウのエサなんだろうと思って調べてみる。

ゲンゴロウ
ウィキペディア


種によって水田や池などの止水域や、渓流、さらには海岸の潮間帯上部に位置するタイドプールや地下水などにも生息する。日本では水田が身近であり、そこに住む種は昔から親しまれてきたが、近年水田の農地改良による餌生物の減少や、護岸により幼虫が蛹になれないこと、農薬、水質汚染、ため池におけるブラックバスの無差別放流などで数を減らしている種が目立ち、かつては一部の地方では食用にされるほど多産した、代表種であるゲンゴロウ(ナミゲンゴロウ、オオゲンゴロウ)Cybister japonicusも準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト)に指定されている。生息地の消滅、個体数の減少の度合いは、同じレッドデータブック記載種である水生昆虫タガメを凌ぐ深刻さである。今日、日本の都市部や農村部でもっとも目立つ種は、中型種のヒメゲンゴロウとコシマゲンゴロウの2種であり、ハイイロゲンゴロウとマメゲンゴロウがそれに準じる状況である。

あ゛っ。捕まえちゃいけなかった??